女性が派遣で働く

> 女性が派遣で働く

女性が派遣で働く

女性の中で派遣社員として仕事をしている人も多くみられます。派遣社員の場合、一定期間いろいろな職場に出向き仕事をするスタイルをとります。このため、正社員として就職するのは難しい環境の良い大手企業で勤務するのも可能です。また正社員と比較すると派遣社員は派遣先の拘束をあまり受けずに済むというメリットもあります。正社員の場合、仕事がたくさんあるとなかなか急啓を入れることができないでしょうし、残業や休日出勤が求められるケースもあるでしょう。しかし派遣社員の場合、昼休みをきちんと取れますし、残業をした場合には残業手当もついてきます。正社員と比較して、自分の時間も確保しながらワークライフバランスをとって仕事のできる所が強みといえます。

同じ会社で正社員として仕事をしていると、その会社の仕事のやり方や流儀などは身につくかもしれません。しかしその会社でしか通用しない仕事のやり方しか身につかないため、視野が狭くなってしまいます。その結果もし転職をしても、その会社のやり方になかなかなれず融通が利きません。派遣社員の場合、いろいろな会社で仕事をしますので、幅広いスキルや仕事のやり方をマスターできるメリットがあります。視野を広くもって仕事をしたいと思っているのであれば、派遣の仕事も検討しても良いはずです。

ただし女性で派遣社員として仕事をしていく場合、収入の面ではあまり恵まれないと思った方が良いでしょう。派遣社員の年収の平均がいろいろな統計で発表されていますが、だいたい200万円くらいのところに集中しています。正社員の年収相場が500万円くらいといわれていることを考えると、倍以上の開きのあることがわかります。まず月給の安い人の多いことが原因として考えられます。派遣の平均月収は19万円程度です。プラス正社員のもらえるボーナスがもらえないこともこの格差につながっていると考えられます。ただし結婚している女性の場合、共働きで派遣として仕事をすれば、家計のやりくりはしやすくなるはずです。今の旦那さんの年収にプラス200万円前後になれば、かなり生活に余裕の出てくる人も多いはずです。

女性の派遣の中でも、事務系の仕事をしている人は年収にやや恵まれる傾向が見られません。平均年収で250〜350万円といったところが相場になります。その意味では事務系の仕事にターゲットを絞って派遣の仕事探しをすれば、女性にとってはメリットがあるといえます。