派遣保育士という働き方

> 派遣保育士という働き方

派遣保育士という働き方

共働きの世帯や片親も増加していることもあって、保育園が今まで以上に必要になっています。保育園に預けたくても預けることのできない待機児童の問題はしばしばニュースなどでも取り上げられています。保育士の需要は、今後も高い状態で推移するとみられています。保育士の働き方も多彩で、中には派遣スタッフとして活躍している人もいます。結婚していて育児や家事と両立しなければならないとか、正社員としてなかなか就職できないのであれば、派遣保育士も選択肢の一つといえます。

派遣保育士でも正規職員の保育士も、子供の面倒を見るという点では業務内容は一緒です。しかし保育園の中には雇用形態によって役回りが異なるケースもあるかもしれません。一般的に正規職員の保育士が、子どもをまとめるリーダー役を務めることが多いです。そして派遣保育士は、正規職員のサポート役に回るといった感じです。保育園の子供の中には、なかなかいうことをきかないマイペースの子供もいます。このような正規職員の手の回らない子供のケアを個別にみるといった役回りを任されることが多いです。雑用などをお願いされることも多いかもしれません。

ただし派遣保育士の場合、正規職員のような残業を強いられることはあまりありません。このため、勤務をしている時間のほとんどが子供と一緒に遊ぶ時間であることが多いです。保育士の仕事の中には事務作業もあるのですが、こちらは正規職員の担当する傾向が見られます。もともと保育士になる人は子供が好きなはずです。その意味では派遣保育士になると、自分のやりたかったことができるとも言えます。このため、あえて派遣保育士として業務をしている人も少なくありません。

派遣で仕事をする場合、給料は時給ベースでどのくらい勤務したかで算出されます。時給で見てみると多くの案件で、900〜1200円といったところで募集されています。保育士の中では高額といえるかもしれません。ただしボーナスは支給されないことがほとんどであることも頭に入れておきましょう。派遣保育士として勤務するに当たって、他の職種同様まずは派遣会社に登録する必要があります。その他にはハローワークなどの公的機関でも派遣登録ができます。公的機関の紹介する求人であれば、問題なく働けるだろうという安心感があります。自宅の近くにハローワークのある人は、一度顔を出して派遣保育士として仕事をしてみたい旨を職員に相談してみると良いでしょう。