扶養内で派遣の仕事をするとは?

> 扶養内で派遣の仕事をするとは?

扶養内で派遣の仕事をするとは?

主婦の方で少しでも家計の足しになるために、自分が派遣などで仕事をしようと思っている人もいるかもしれません。その場合、給料をたくさん得られれば得られるほど、家計のやりくりがしやすくなるような感じがするかもしれません。しかし派遣で仕事をするに当たって、扶養控除のことを頭に入れておきましょう。そのためには、税金と保険のシステムを理解するところから始めないといけません。

まず所得税に関してですが、仕事をして収入を得ている人は課税対象です。収入から仕事をするに当たっての必要経費、そのほかの所得控除を差し引いた所得分に税率をかけて税額を確定します。ちなみに控除の中でも給与所得控除が65万円、基礎控除が38万円ありますから年収103万円以下の人はゼロとなり課税対象外になります。もし旦那さんが仕事をしている場合、配偶者控除というものが適用されています。38万円の控除が得られるのですが、収入に応じて増減して年収141万円未満であれば適用されます。このことを意識すると、扶養内でラインが2つ見えてきます。

1つ目のラインは、年収103万円のラインです。もし旦那さんに稼ぎがある場合、年収103万円以下であれば配偶者控除が旦那さんに引き続き適用されます。しかも上で紹介したように、皆さん自身にも所得税はかかりませんので、税負担が軽くなります。扶養者がたくさん仕事をすると配偶者控除がなくなってしまって、結局世帯全体の収入がダウンしてしまう不都合な現象が起こってしまいましたが、今では配偶者特別控除のルールも整備されていて、この現象は回避できるようにはなりました。

もう1つのラインとして、年収130万円があります。年収130万円以上になると、社会保険料を自分で支払わないといけません。しかも扶養家族の対象から離れてしまい、国民年金や健康保険も自分で負担しないといけなくなります。ということは世帯全体からしてみると、出費が大きくなってしまうのです。年収130万円を超えてくると収入によっては、手取りが逆に少なくなる現象が起こりかねません。

派遣として今後仕事をしようと思っている主婦の方がいれば、この2つのラインは十分意識して派遣先を見つけることが大事です。「扶養内で働きたい」と派遣会社の登録会のときに担当者に話をしておくと良いでしょう。そうすれば、年収が一定限度の範囲内に収まるように仕事の手配をしてくれるはずです。ただし複数の派遣会社に登録するのであれば、自分で収入の管理する必要が出てきます。