派遣社員は育児休暇をとれるの?

> 派遣社員は育児休暇をとれるの?

派遣社員は育児休暇をとれるの?

派遣社員の割合を見てみると、女性が男性と比較すると多いといわれています。中には独身で派遣社員として仕事をしている女性も多いでしょう。その中にはもしかすると今後、結婚・出産を経験することになるかもしれません。ところで派遣社員のような非正規雇用の場合、育児休暇など取得できないと思っている人も少なくないようです。しかし結論からいうと、派遣社員でも育児休暇を取得することは可能です。ただし実際に取得するためには、いくつかコツがあります。

派遣社員の育児休暇に関しては、法律でも保障されています。平成17年4月に育児、介護休業法が改正されたのですが、その中で期間に定めのある雇用契約の人でも育児休業を取得できると明記されています。育児休業の基本をここで確認しておくと、1歳未満の子供を育てるために仕事を休めます。またパパ・ママ育休プラス制度もあって、夫婦ともども育児休業をする場合、子どもが1歳2か月まで期間延長が認められています。ちなみに一緒に育休をとるケースの他にも、夫婦交互に育休をとる場合でもこのプラス制度は適用できます。さらに特別の理由で保育園に子供を預けられない場合には、1歳6か月まで育休を延長することも可能です。

派遣社員が育休を使うためには、3つの条件をクリアしていないといけません。1つ目の条件は、同じ事業主の下で1年以上の雇用実績があるかどうかです。派遣社員の場合、派遣元が雇用主になります。このため、連続1年以上現在の派遣先で勤務していなくても、派遣会社の在籍年数が1年を超えていれば問題はありません。2つ目の条件は、子どもが1歳以上になった後も引き続きその派遣会社での雇用は見込まれているかです。別にこれは書面として残す必要はなく、引き続き派遣社員として仕事ができると口頭でも言われていれば、問題なく条件をクリアできます。明示のない場合には、他の似たような状況の派遣スタッフの更新状況やこれまでの実態などが判断ポイントになります。最後が子どもの2歳を迎える誕生日の前々日までに雇用契約が満了で、更新されないことが明らかになっていない点です。この時注意したいのは、更新回数や期間に上限を設けた労働契約の場合です。基幹終了日が2歳になる誕生日の前々日以前の場合、更新されないのは明らかとなり育休が取れなくなります。

以上の条件をすべてクリアしていれば、派遣社員の方でも育休はとることができます。労働者の権利ですから、行使をするなら堂々と行使しましょう。

主婦におすすめの派遣の仕事について知りたいのであれはこちら