派遣看護師として働く方法

> 派遣看護師として働く方法

派遣看護師として働く方法

看護師の中には派遣で仕事をしている人もいます、このように言われると違和感を抱く人も多いでしょう。「看護師の派遣は法律上禁止されているのではないか?」このように思うからです。これは事実で、医者や看護師のような医療の専門家は、派遣禁止の対象になります。ではなぜ派遣看護師として働いている人がいるのでしょうか?実は派遣として働いても良い、例外規定があるからです。まず紹介予定派遣と言って、正社員として勤務すること前提の派遣であれば認められています。一定期間派遣で働き、その職場の様子を確認して、正社員として就職したいかどうかを改めて判断できる方法です。そしてもう一つ、福祉施設などでは例外が適用されて、派遣看護師の勤務が認められています。派遣看護師で働くと、病棟で正規職員として仕事をしているときには得られないいくつかのメリットが享受できます。

まず大きいのは、自分の希望するスケジュールで勤務できるところです。派遣会社に登録する場合に、職場の条件をいろいろと提示できます。たとえばママさん看護師の場合、残業や夜勤のある施設はNGでしょう。またブランクがあって職場復帰したい人は、研修などのしっかりしている所の方が安心のはずです。このような条件を出して合致する案件が紹介されます。しかも紹介された案件が、自分の希望しない条件を含んでいた場合、「この仕事はできません」と拒否できます。つまり自分の希望する条件で確実に仕事ができるわけです。

正規職員として仕事をしている看護師の中には、長時間残業を強いられている人も少なくありません。しかも残業手当のつかない、いわゆるサービス残業を強いられている人も多いといいます。派遣看護師の良いところは、このサービス残業をする必要のないところです。そもそも残業を希望しなければ残業を求められても拒否できます。また残業をした場合、あくまでも派遣の雇主は派遣会社で派遣会社から給料をもらう形になります。このため、残業手当もしっかりと受け取ることができるわけです。

施設で勤務していると、何かトラブルが発生することもあるかもしれません。また当初聞かされていた条件とは異なる仕事を求められるケースもあるでしょう。そのような場合、派遣会社の担当者に相談できるところも派遣看護師のメリットです。そうすると担当者から派遣先にクレームが入るでしょう。結果、問題の改善がスムーズにはかられる可能性が高いわけです。